コインランドリーを開業するときに気をつけること

コインランドリーは新たに独立して開業したい人がやりやすい仕事です。

ですが、「やりやすい」だけに注意をしなければいけないことがあります。

それは「やりやすい」からと言って安易な気持ちで始めてしまいますと失敗をする確率が高いことです。


基本的に飲食店などよりも資金的に少なくて済みますし、人員の心配もしなくて済みます。



ですが、一週間に一度の休日を取ることは簡単ではありません。


もちろん雇われているわけではありませんから、自分で自由に休みを決めることはできます。

しかし、簡単に休んでしまいますとお客様が離れてしまうことになりかねません。

あくまで商売ですから収入は変動します。
お客様に来ていただけないときは収入は減ります。



時には減るどころか赤字になることもあります。
それが商売の厳しさです。


「気をつける」こととはまさしくこの点にあります。


厳しさを覚悟してコインランドリーに取り組む気持ちを持つことが大切です。


もし、そうした気持ちがないならコインランドリーを続けることはできないと思っているべきです。
このように指摘しますと、休みが全く取れないと思うかもしれませんが、そうではありません。

自分の休みはきちんと取るべきです。



体調管理も自分の仕事という面からも休みは取るのが正しい考え方です。

では、どうするかといいますと、自分の体調管理のために人を雇用することです。

たった一人でいいですので雇用することは必要です。
そして、それは必ず商売をするうえでの経営感覚を養うことにつながりますので将来的に役に立ちます。