コインランドリーを開業するときの基本

コインランドリーは1970年代には世の中に登場していますが、当時は洗濯機を持っていない人が利用するのが主な利用の方法でした。

しかし、そこから発展して洗濯機を利用する以外に乾燥機を利用する人も出てきました。



例えば、家庭の主婦などは雨のシーズンなどに洗濯したあとに利用する人も出てきていました。

このようなことからコインランドリーが設置されていたのは限られた場所でしたが、次第にいろいろな人が利用するようになってきています。これには機器の進歩の大きな理由ですが、そのことが商売を始める人を後押ししています。


「商売を始めたい」とか副業や兼業を考える人にとって敷居が低いことがコインランドリーが増えた背景となっています。

大きな挑戦には躊躇する人でもコインランドリーですとリスクが小さいと考えることができます。



そのような人が始めるようになってきています。



また時代も後押しをしています。

昔は「洗濯物を乾かす」だけと考えていた主婦の方々が毛布など家庭では洗えない大きめの洗濯物をコインランドリーで洗うようになってきたからです。

クリーニングに出すのはちょっと「もったいない」と考える主婦の人たちが利用するようになっています。
どんな商売でもそうですが成功している人が多くなりますと、それを見て同じように「やりたい」と思う人が増えるものです。

こうしたいい意味でのスパイラルの効果によりさらにこの業界が発展しています。

ですが、どんな商売にも「絶対に」ということはありません。

そのことを肝に銘じて挑戦することが大切です。