空き地をコインランドリーにするメリット

コインランドリーは町中を見渡せば様々な場所にあります。

また、最近は住民の多い地域を中心に、増加傾向もあり、これからも増え続けていく可能性が高いです。それほどコインランドリーが増えている背景には空き地の増加が挙げられます。

未使用の土地を有している人が、持っているだけでは税金をとられ続けることになり、マイナスしか生み出さないため、それらの土地を活用して利益をあげるための方法としてコインランドリーの経営がブームとなっているためです。



空き地をコインランドリーにするメリットは不労所得となりえるためです。
同じ土地を運用する方法として賃貸経営などが挙げられますが、初期費用がかかりリスクも高いです。



それに対してこちらは洗濯機を複数台用意し、電気さえ通っていれば一階建ての簡素な建物でも行うことが可能です。

メンテナンスもある程度は自分で出来ますし、洗濯機が壊れてしまっても入れ替えることが簡単にできます。

また、洗濯機の不良が起きた時にメンテナンスをしてくれる業者も多数いるため手を出しやすいです。



コインランドリーは学生など、お金があまりない人たちが洗濯機を自分で購入するより、お金を払ってする方がコストパフォーマンスに優れていると感じた時に利用されます。
また、一時的に洗濯機が壊れてしまったり、引っ越してきたばかりでまだ洗濯機が用意できていない人なども利用します。


人がいればある程度継続して需要が生まれ、監督者がいなくても良いため人気があります。