コインランドリー投資

日本は世界有数の長寿社会ですが、長生きすることと働き続けることは同義ではありません。
たとえば65歳まで働いて給料を稼いで、そのあとは年金が主な収入になりますが、年金だけでは豊かな老後を送るのはおぼつかないのが現実です。



多くの人が老後の備えがいくら必要かという不安を感じていますが、貯蓄で備えて、生活に足りない部分を取り崩す生活では、長生きするほどたくわえが先細りになって、せっかくの長寿を楽しむことができません。
そこで、働くなくても収入が入ってくる不労所得を持つことができれば、長生きしても貯蓄を取り崩す必要がないので、安心して豊かな老後、第二の人生を楽しむことができます。

不労所得といってまず思い浮かぶのが不動産経営ですが、今注目されているのがコインランドリーです。


不労所得の共通点は、初期投資で設備を導入して、その後は安定した収入を得ることですが、不動産経営では、メンテナンス費用が大きいことや、少子高齢化による人口減少など、空き家リスクも看過できません。



コインランドリーは、貸家・貸室経営に比べると、設備の維持管理コストも手ごろだし、入居者募集をするわけではないので空室リスクもありません。



貸家・貸室経営に比べて、初期投資、維持費ともに少額で空室リスクもないコインランドリーは、不動産経営に代わる新たな不労所得として注目されています。

コインランドリー経営を始める場合、競合店舗の有無と、住人の年齢層による需要予測が立地選びのポイントです。